読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫文具箱

本と文房具を愛でる日々。

浅草の和風グリーティングカード専門店「nakazawa」にて、お祝いカード選び。

空前のグリーティングカードブームです。自分の中で。

ちょっとだけ凝ったグリーティングカードを選んで、2,3行メッセージを書いて、ちょこんとプレゼントに添えるのが楽しい。プレゼントは、仲良い相手だとミスチョイスを避けるために欲しいものを直接聞いてしまうので、あまり選ぶ楽しさないんですよね。その分がグリーティングカードに行ってる気がする。何が合うかな、とか考えるの楽しい。

というか手紙書くの楽しくないですか。最近すごく楽しいです。パソコンで打つ文章とは違ってペンで書くとやり直しがきかないから、「よし書くぞ」と気合い入れて書くのがいい。紙に乗っている自分の文字を見ると、ちょっと新鮮な気持ちにすらなります。そうだ自分、こういう文章書くよね、みたいな。

ただ、メッセージカードって捨てにくい気もするから、相手に申し訳なくて、渡す時は「恥ずかしいから読んだら燃やして闇に葬ってね。」と伝えてます。そのためにもメッセージはあまり重たくならない内容にまとめたり。でも自分は取っておいちゃうな。嬉しいしな。

あと、部屋にちょこんと飾るのも好きです。写真立てみたいなのに挟んで、しばらく飾ってたりもする。おしゃれなのも多いから、週替わりくらいのペースで、部屋の棚の目立つスペースに置いてます。花を飾るのに似ているかも。

そんなこともあって、最近グリーティングカード専門店に足を踏み入れる機会が地味に増えているんですけれど、ネットでお店をググっていたら、"和"の手作りグリーティングカード専門店の存在を知りまして。

浅草にある「nakazawa」さんというお店。30年の歴史を持つ、紙製品の専門メーカーさんが始めたお店で、和紙や水引、折り鶴などをあしらった「和」の手作りカードを扱ってます。

【おみやげ】浅草「nakazawa」の真心のこもった手作り和紙カード | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン

出産祝いのカードや祝儀袋も取り扱いがあるということなので(たまに準備を忘れてコンビニで購入する)これはちょうど良いかもと行ってきました。

nakazawa

浅草駅(銀座線・浅草線・東武鉄道)約7分。海外からの観光客で賑わう商店街の中、真新しい感じのお店でした。それもそのはず今年の4月に開店したばかりとのこと。

入り口に竹と水場のスペースがあって、入ると和風のグリーティグカードがズラリ並んでいて、いかにもな「和」空間。カードに添えられた折り鶴や扇が、ちょこんと可愛くめでたい感じ。飾れるようの屏風っぽい造りのカードもたくさんあって、部屋が和風のレイアウトなら自分も部屋に飾ってみたかった。可愛い。

それで自分が購入したのがこのカード。パッと見た瞬間からおめでたさ伝わる感じじゃないですか。

和風手作りカード

ハッピーバースデーカードなんですが、立体仕様なんですよ。 立てかけると、糸でつるされた鶴がふわふわ浮かぶ。

連名でカードとプレゼントを贈る友人に見せたら「あれなんで今回特別?」て言われました。確かにそうだね、いつもよりおめでたさ度が上がる気がする。でも普通のハッピーバースデーなカードです。

他に祝儀袋と多目的カードも購入したんですが、自分がお店にいて選んでいる間にも、海外の旅行客っぽい方が何人も立ち寄ってました。値段お手頃だし(500円〜1000円いかない)、お土産にもいいのかもしれない。

今手持ちのを使い切ったら、また行きたいなと思ってます。浅草だから近くをふらふら散歩するのもいいな。

 

関連記事