読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫文具箱

本と文房具を愛でる日々。

横浜「市が尾文具&珈琲」にて、珈琲の匂いに包まれながら文具探し。

せわしない日々の最中。普段は降りることのない駅で降りて、レトロな風情の喫茶店に入り、珈琲の匂いの中で文具探しまでできたら、まったり幸せな気分になれそうじゃないですか?うん、間違いなくなれる。

神奈川は市が尾駅のお店「市が尾文具&珈琲」さんは、そんな幸せ気分が味わえるお店だと思うんです。駅近の建物の2階。ぱっと見、古き良き喫茶店感。

市が尾文具&珈琲

ガラス扉の奥が見えなくて、初回訪問時、一瞬入るのに躊躇ったんですが、中のお店の方と目があってそのまま入店。常連というほど頻繁ではないけれど、何度か通って慣れて、今では気負わず入ることができます。

市が尾文具&珈琲 | 市ケ尾商栄会

文具・雑貨の購入とコーヒーショップの合体という珍しい組み合わせのお店。赤のチェック柄のテープルクロスも、こじんまりしたカウンターも、なんだかとってもノスタルジー。時間帯によってはお酒も飲めます。

ここで頼むのはいつも珈琲(ストロングブレンド)とケーキのセット。お行儀悪いんですが、ケーキをひとかけら口に含んで、熱めの珈琲で口の中のケーキを溶かすようにするのがとても好き。酸味と甘さが絶妙になるんですよ。なんだか癒される甘さ。

珈琲が準備されるまでの間、文具棚を見て回ることができて、これがなんかとても素敵な時間です。ぎゅっとときめきが詰まった文具棚...!文具と珈琲の雑誌も置かれていて、自由に読むことができます。

置かれている文具は、この規模のお店にしてはびっくりするほどバラエティに富んでます。こだわり感じる。あるとき、珈琲を飲みながら文具が並ぶ棚を眺めていたら、お店の人があーでもないこーでもないと文具のディスプレイの相談を始めて、その会話と雰囲気も好きだったなぁ。文具愛感じた。

この間ここで、ずっと欲しいと思っていたカミテリアの紙製ジョッター「memottala(メモッタラ)」を買いました。シンプル可愛くて、ちょこちょこと愛用しています。紙の下に固く安定した土台があると、文字を書くのが楽しくなるよね。

メモッタラ

窓際から見えるありふれた街角な風景に「休日だなぁ」とつらつら感想を抱き、視線を文具棚に移して「帰り際何買おうかなー」と思考し、店内に流れる初聞きの曲に「これはなんていうタイトルなんだろう」と思いを馳せ、気がつくと30分経ってます。長居してしまった。

そんな感じで、静かな店内で美味しい珈琲とケーキ、そして文具を楽しむ、贅沢な時間が過ごせます。素敵時間だ。

 

  • 住所:横浜市青葉区市ケ尾町1062-1-2F
  • 最寄り駅:市が尾駅
  • TEL:050-7521-5022
  • 営業時間:11:00-19:00(土曜〜21:00)月曜、隔週日曜定休