読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫文具箱

本と文房具を愛でる日々。

おもむろにダイエットと筋トレの日記です。

思考

1月の寒い朝、あれは金曜日だったか、ベットから起き上がるとぎっくり腰になってしまいました。つらたん。

そこまではいいんですよ。ぎっくり腰になった場合の諸々は周囲の諸先輩方から聞いていたので、速やかに会社に休みの連絡を入れ、おっとり刀で近くの整骨院を予約しました。そしてヒーヒーいいながらたどり着いた整骨院で鍼灸の治療をしていただき、湿布をもらって家に帰り安静に。翌日、翌々日は幸いにも休日だったので家に閉じこもり静かに過ごし、月曜には普通に出勤できるくらいになってました。よかった。

ぎっくり腰の原因は「運動不足ですかね」みたいに整骨院の先生にいわれ、家でのストレッチを日常化しようと試みたんですが、その時気がついたんです。

逆立ちができない。

逆立ちと側転が自分のアイデンティティのひとつだったので、それに気がついた瞬間は密かに衝撃でした。腕の筋肉に不安があって、そして背中の筋肉も自分の体重を支えてくれる予感がしない。無理にやったら首の骨折る。怖くて試さなかったけれど、多分側転もできなくなっている。

それで思ったんです。ダイエットと筋トレしようと。可及的速やかに体重を学生時代に戻して筋力をつけなければ、もう一生逆立ちも側転もできなくなってしまう。

自分にとって幸運だったは「よしダイエットだ。ダイエットして筋トレだ」と思った瞬間に読み出した本が、メンタリストDaiGoさんの「ウィルパワーダイエット ダイエットという自分との心理戦に勝つ方法」で、要は、人間は誘惑に弱い生き物なので、ダイエット中、断固として誘惑に立ち向かえるようにウィルパワーを浪費しない必要がある、という内容(もっとロジカルな話なのにこう書くと精神論ぽい)。これ読んで啓発受けて、自分のペースでダイエットや筋トレしてもダメだと思ったんです。普通に運動を始めただけじゃ、新しいことをやるモチベーションよりも、新しいことをやらないハードルの方が高すぎる。今の自分のウィルパワーじゃダイエットと筋トレを続けるのはなかなか難しい。

そんなわけで、お金の力に頼ってパーソナルジムに通うことにしました。ライザップ的な。しかし1月はライザップに通おうと思う御仁がたくさんいるのかカウンセリングすら予約できない人気っぷりだったので、他の、通勤帰りに寄れるパーソナルジムにしてみました。通勤経路にあるパーソナルジムってそれだけでひとつハードルを下げてくれるのでいいかなと。しかもここ、毎回トレーニングウェアを貸してくれて、シャワー使えるので、手ぶらで行けるんです。

1月からパーソナルジムに通い、週2回のトレーニング、最初の2週間は食事チェック(毎食食べたものをラインで担当トレーナーに写真で送る)を受け、今は2ヶ月目に入ったところです。3ヶ月コースなのでちょうど折り返し地点。そういやダイエットって食事のことで、筋トレなどして体を整えるのってボディメイクって今いうんですね。知らなかったので勉強になりました。

それで改めて思ったんですが、筋トレ楽しい。学生時代は演劇やっていて、演劇っていかに体を自在に使えるかなので、腹筋背筋側筋ランニングが基礎トレになってたわけですよ。あの頃の感覚が呼び覚まされる。久々にやって、最初は10回のスクワットでゼェハァいっていたのが50回行けるようになると嬉しい。持ち上げられるダンベルの重さも上がっていくし、わかりやすくできることが増えていく感覚が本当に楽しい。

今までもジムにたまに通ってたんですが、普通のジムだと、フォームを丁寧に見てもらうことってないじゃないですか。パーソナルって本当に一対一なので、ひとつひとつフォームを矯正していってもらって、自分の限界のちょっと手前のトレーニングを組んでくれて、そのオーダーメイド感がやたらと心地いい。RPGゲームとかでボス戦後にHPMPが満タンだとなんだか損した気持ちになるんですが、パーソナルジムだと、適度にスキルも魔法も使ってHPMPが4割残っている、みたいな効率的な達成感があります。高い金払っただけあるなと納得。

あとですね、ジムのトレーナーから「1時間辛い筋トレするよりも500kcalのメロンパンを食べない方がカロリー減になります。運動でカロリー消費なんて微々たるものなので、本質的には食事改善していくのがダイエットの王道ですよ。筋トレは代謝を上げる、維持するためのものだと思ってください」みたいなこといわれて、食事の改善にも取り組んでおります。これも知識欲的な意味で楽しい。

トレーナーから「タンパク質は多いくらいで。あととにかくめっちゃビタミンミネラル摂ってください」といわれて、普段食べているものを総ざらいしてミネラルの多い野菜ってなんぞ?とか、タンパク質を効率的に取るには朝昼でこれくらい摂って〜とか考えたら、サプリメントとか乳酸菌て効き目あるの?効くのはどういう条件のやつ?みたいなことをトレーナーに聞いたり、サプリメントやプロテインのお店の人に聞いたり、ツイッターで有名な栄養士の方をフォローして呟きを追ってみたり。久しぶりにいろんな知識吸収してる感じ楽しい。もう本当に楽しい。

トレーナーに相談して、今までがランチに外食か社食が多かったのがお弁当になり、朝はパンにチーズ塗ってアボカドつまむだけだったのがご飯味噌汁納豆お魚野菜の生活に切り替わりした。トレーナーに食べたものを写真で送る以外に「あすけん」という食事のカロリー栄養計測アプリで、自分が食べたものの栄養計測してて、これがゲームでレベル上げスキル上げしてパラメーター調整しているような楽しさで自分に向いている。「このままでは1日収支で飽和脂肪酸が過剰になる...!タンパク質がギリギリで適正にならなさそうだから卵食べるか」みたいな一人遊びを密かに楽しんでます。このアプリ楽しい。ゲーム脳ならはまるやもしれん。

余談ですが、ビタミン類と食物繊維が足りない時、いい感じにパラメーター上がるのがブロッコリーとオクラとほうれん草と気がつき、最近はそればかり茹でては冷凍しています。緑緑しぃ冷凍庫。ブロッコリーは茹でる回数があまりに多くて、最近株で買ってくるの諦めて、冷凍ブロッコリーに切り替えました。コンビニで「なんでブロッコリーだけ単品冷凍食品が置いてあるんだろー?」と思っていたけれど、パラメーター調整に向く野菜だからなんですね。お弁当のカサ増しにもよく使っています。

なんていうダイエットと筋トレ日記をおもむろに書きたくなったので書きました。

ダイエットってリバウンドとか衝動的にどか食いとかあるじゃないですか、そのストレスを文房具買うことで昇華させてるんですが、衝動買いしたくなるデザイン素敵目の文房具が今増えていて、ちょっと困っています。

f:id:yuki3mori:20170225103238j:plain