青猫文具箱

本と文房具を愛でる日々。

寝落ち読書は「Wire Clip Bookmarker」と共に。

買ったたたったった…!!

トライアングルクリップ

ヤマサキデザインワークスの「トライアングルクリップ」です。この記事でいつか使ってみたいなー!と書いたやつ。

愛用の事務文房具エトセトラ。

そういえば以前何かの展示会で、トライアングルプリップという、ゼムクリップの類型ぽいのに大量書類も留められるクリップを見て「欲しい!」と思ったことがあります。どれくらい留める力が強いのかわからなくて見送ったの、今も少し後悔してる。

ブログ見た友人が「ふつうに東急ハンズに売ってたよー」とLINEで教えてくれたので仕事帰りふらふらっと行ってきました。

YAMASAKI DESIGN WORKS トライアングルクリップ

YAMASAKI DESIGN WORKS トライアングルクリップ

 

たくさん挟める高性能なゼムクリップ。ステンレス製25個入りで540円。

ゼムクリップの類型的に考えるとお高めではあるんですが、実際使ってみるとデザイン工学的?な美しさを感じます。ぱっと見「え、そんな挟めるの?」からのー、クリップの広がりがですね、美しい。棒をねじる際の反発を利用するバネの仕組みを利用しているそうで、紙束を挟んだ時の、上から見たZ感にによによします。良い。

留める力は普通にゼムクリップでした。クリップ面が広いので、普通のゼムクリップより力点集中しないし、薄い書類もよれずにまとめるられます。普及してお手頃価格になれば便利かなーと思うんですけれど、難しいか。細々使っていこう...。

 

で、ですね。トライングルクリップを求めて東急ハンズに行き、もうひとつのクリップにも出逢ってしまったわけですよ。HIGHTIDE(ハイタイド)の「Wire Clip Bookmarker(ワイヤークリップブックマーカー)」と。

ワイヤークリップブックマーカー シルバー [GB200]
 

ページをめくるたびに自動的に開いたページを示す機能的なブックマーカー。裏表紙にクリップして読んでいるページに先端をセットすれば、あとはページを開いていくだけでずっとマークが追いかけてきてくれます。

ワイヤークリップブックマーカー クリップ、ピン、マグネット HIGHTIDE ONLINE

HIGHTIDEから発売されたのは知ってたんですが、Amazonでの在庫が少なげなのと、同じ自動記録しおりの「Page Keeper(ページキーパー)」があるのでいらないかなーと思ってた。

通勤読書なら自動記録しおりの「PageKeeper」が最適解。

の、ですが、なんか実物のフォルム見たら可愛さにぐぐっと物欲刺激され、「ブックマークなんだから複数持ってても良いよね?」と自分への言い訳もできたので、購入してしまった...!。お手軽価格(税込519円)だし、カラー展開もポップでかわいくて。

ワイヤークリップブックマーカ

色映えが美しかったのでレッドにしてみたけどちょっと後悔してる。紙の台紙から外したらちょっと色落ち?があったので。シルバーやゴールドなら大丈夫だったなこれ。

ちなみにPage Keeperも同じく最初色落ちするので、自動記録しおりの便利さと比べると大して欠点ではありません。可愛さは全てを凌駕するし。

ワイヤークリップブックマーカー

でもいきなりハードカバーに使って色移りしたら悲劇なので、お店でかけてもらったカバーに装着。ゼムクリップの亜種みたいな形から推して知るべしですが、Page Keeperと比べると本の留め力弱い。その分コツをつかまずとも装着できて、本を傷つけない気がします。

硬いので、厚い裏表紙にセットしてもクリップ本体の留め力緩まなそう。その方がしっかり止まって安定するかも。色落ちリスクが減ったら試してみよう。

ワイヤークリップブックマーカー

使い心地は良いです。シュルシュルページが繰れて邪魔にならない。

使ってる途中引っかかって落とす可能性がありそうなので、Page Keeperのように通勤読書のお供に!は難しいかもですが、寝落ち読書には良いなーと。読みながらうとうとしても、自動で最後に読んだページを記録してくれます。

同じ機能で価格帯的な比較としては「スワンタッチ」になるのかなー。あちらは200円を切ってますが、接着面が弱粘テープで消耗品気味なので、そう考えると「Wire Clip Bookmarker」はコスパが良いのかも。

スワンタッチ【ブルー】 SWN-BL

スワンタッチ【ブルー】 SWN-BL

 

 

Wire Clip Bookmarker、価格的に気兼ねなく渡せて、嵩張らなげなので、読書好きな友人へのプレゼントには向く気がします。見た目オシャレだし。その場合はシルバーかゴールドがお勧めです(色落ちしなさげだから)。クリスマス前だけでも、本屋で取り扱ってくれれば良いなー。

読書文具って、好きでリアルショップもネットショップもよく覗くんですが、日進月歩で洗練されてく文具類の中では変わり映えしない分野というか、「しおりやブックカバーもそろそろ一皮むけてもいいんでないの?」と勝手に思うことがあって、こういう素敵フォルムのが出てくるのは心躍りますね…!

...と書きながら本を開いたまま固定してくれる、開き止め読書文具はバラエティ豊かなの思い出したので、単に自分が気がつけてないだけなのかもしれません。

本を開いたまま固定してくれる、便利な開き止め読書文具。

お勧めがあったら是非!教えてくださいー。

 

関連記事