青猫文具旅

本と文房具を愛でる日々。

思考

著作権法上、本の引用・要約・目次をブログに書く時気をつけること。

本のまとめと著作権について 個人ブログやNAVERのようなまとめサイト又はSNSで、本の内容をまとめただけの記事を見かけると「著作権的にどうなんだろう?」と気になってました。営利目的でなければ大丈夫そうだけど、アフィリエイトの広告+本をコピペしただ…

映画「シン・ゴジラ」感想文。

周回遅れですが、「シン・ゴジラ」見に行きました。鑑賞直後、情報のシャワーに頭ふわふわした余韻も冷めやらぬまま、しっくりこなかった部分の解説や解釈を、インターネットの情報漁って楽しんでました。 こういう時思うんですけど、インターネットめっちゃ…

いつかDQ3の冒険の面倒くささを避ける日。

世の中的にはドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3(DQM3)だろうと思いつつ、今更ドラゴンクエスト3(DQ3)をやってました。 謎の夢を見た朝、ママ様にお城に連行され、王様から「おお勇者よ、魔王を倒してまいれ!」といわれ2か月です。ルイーダの酒…

コップの中のあらし程度の「好き」。

友人との約束までの時間、時間調整でふらり神保町を歩いていたら、古書フェアにたくさんの人たちが足を止めてました。大切に扱わないと破れてしまいそうな和綴じ本から、十把一絡げで紐で括りつけられた新書まで十人十色様々な本が積まれていて、それを選ぶ…

ピアニッシモの音が聞こえない。

ネットで強い言葉ばかり見ていると、弱い言葉が目に入らなくなるかもしれないと思うことがあって。スピーカーの爆音に煽られて、耳がいかれたらどうしようと想像するんです。しかも無意識に慣れちゃって、聞こえないことにも気づけなかったら怖いなと思う。 …

旅で人生観が変わったら楽しいような悲しいような話。

DQ3をちまちまと進めてます。ダーマ神殿でLV20になった魔女っ娘に賢者へ転職してもらってきました。 ダーマ神殿で転職すると、LV1からの再出発になるんですねこれ。冒険進めるつもりが戦力がた落ちになったので、レベルアップに励む羽目に。元魔女っ娘な賢者…

王道で勝ちに行きたい。

ポルノグラフィティが流したように、百万人のために唄われたラブソングなんかに涙流したりしないぞと思う一方で、百万人に唄われるラブソングが書きたいと思うことがあるんです。もちろん歌は喩えで、別分野の話ですけれど。王道で勝ちに行ってみたいなぁと…

エンドロールの後に勇者の居場所は用意されない。

※全編にわたりドラゴンクエスト(DQ)1、2のネタバレがあります。 子供の頃、兄貴がゲームをプレイするのを横から見るのが好きで、その日はDQ1のラスボス戦からエンディングまでを見てました。 で、あれ、ラストで勇者が国を出てくんですよね。それま…

My Favorite Things/何でもない日の幸せなこと。

昨日久しぶりに会った友達が、劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」を見に行ったと話してくれて、それからずっと頭の中で「My Favorite Things(私のお気に入り)」が鳴り止まないので書きます。JR東海のCM「そうだ、京都に行こう」でもバックで流れ…

検索上位やフォロワーの多い方が正しい気がしてしまう。

ちょっと前に「それが正確な事実ではないことは知ってるけれど中心に近すぎて軽々と口に出来ない」類の情報が回ってきて、しかもネット上の有識者の機微に触れるテーマらしく、その情報を前提に言及しているのを見かけては微妙な顔をする、てことを繰り返し…

『嫌われる勇気』で、何が変わっただろう。

自分の記憶では去年、自己啓発書の『嫌われる勇気』が売れて、その後のアドラー心理学本ブームを巻き起こしたことになってます。人生変わった、泣いた、のフレーズも何回も見た。 でも結局はみんな、今も他者からの承認や所属に対する欲求に悩まされていて、…

DQ5のスライムはLV99で「しゃくねつのほのお」を覚える。

自分の中で大器晩成型っていうと、スライムの「スラリン」が浮かびます。 DQ5で主人公の仲間になってくれるモンスター。初期から仲間になって、素早さ高めで補助魔法も覚えるけれど、力が低く耐性もない。LV1でHP8ですからね、一撃でやられます。強い仲間が…

ここは検索避けのない場所。

はてなブログ4周年おめでとうございます。 他の方の文章を読んで書きたくなったので、自分も「4年間で変わったこと、変わらないこと」を書きます。 4年あればいろんなことが変わるし、どこに焦点を合わせるか考えたんですが、先日こちらの記事読みまして、 …

グーグル・タイムトリップ。

最近、ブログやめるときに記事をすべて削除するか?を考えます。 具体的な計画ではなくて、やめるとき自分ならどうするだろう、という思考実験。実際には意味のあまりない問いかけで、例えば身バレでやめるなら全記事削除しそうじゃないですか。飽きてやめる…

私のカメラは二次創作にしかならない。

出張先で美しい光景と出逢い、カメラで撮ったら「奇跡の一枚」になりました。 それを友達に見せて「綺麗だね」と称賛されて得意げになって、でもふとしたタイミングで「あれ、自分はなんで得意げになってるんだっけ?」と疑問が。 この称賛って「何」に向け…

私が好きな"モーニング娘。"の話。

モーニング娘。4代目リーダーの吉澤ひとみさんが、グループを卒業した時のエピソードが好きです。 2007年、コンサートの中で後輩がお祝いのコメントを述べるシーンで、 モー娘。卒業、吉澤ひとみにメンバーが涙のお祝いコメント | ORICON STYLE 新垣里沙「吉…

新宿歌舞伎町の「テルマー湯」で癒しの小さな旅をしてきた。

小さな旅を見つけよう。 いつもスイッチオンで全力投球の『働きマン』松方弘子が、絞りきった雑巾のようにどうしようもなくなったとき「一回リセットするために旅に出ます!」とマッサージに行くシーンが記憶に残ってて、 働きマン(2) 作者: 安野モヨコ …

シンプルのための無駄遣い。

今週のお題「思い出の先生」。 大学時代の恩師は、口癖で「お金で解決できることはお金で解決するのも手だよ」と言う人で、電車やバスを乗り継ぐ必要がある時はタクシーを使いたがるし、何箇所も書籍をコピーする必要がある時はその本を購入する人です。 ノ…

犬山紙子さんの新聞コラムと、買いたい欲望の話。

8月1日の朝日新聞で、気になったコラムがありました。 (耕論)消費しない日本人 藤野英人さん、清水義範さん、犬山紙子さん:朝日新聞デジタル 買いたい欲望絶対ある(犬山紙子) 人と同じものを大量に買うから、捨てたい。でも、捨てたから後悔したくない…

漫画のコマ画像をブログで引用するときの著作権的な留意点って?

以前読書ブログをやる上での書籍の引用や要約について、著作権的に気をつけることを勉強した記事を書きました。 著作権法上、本のまとめ(引用・要約)をブログに書く時気をつけること。 最近、TPPの著作権の非親告罪化のニュースを見て、そろそろまたおさら…

「続けるために続けてるんですか?」

ロックは初期衝動って聞いた。 自分の中で音楽って「なくなったら寂しいけど死ぬほど困りはしない」カテゴリで、だからロックもクラシックもJPOPも記号的消費っぽく消費できるのですが、子供時代の刷り込みで「ロックは初期衝動だ」て信じてます。 きっ…

本との新しい再会と気づけなかった出逢いの話。

新しい再会の話。 ふとしたきっかけがあって、本棚から若木未生先生の「グラスハート」シリーズを引っ張り出して読み返してます。 「グラスハート」シリーズというのは、バンドをリストラされた女の子が新しいバンドに誘われるところから始まる青春群像劇で…

なんか、馴染みの蕎麦屋ができてた。

蕎麦屋で日本酒をちまちま舐めつつお蕎麦を待っていたら、テーブルに「これ好みに合うと思うよ」とおちょこが載せられたのです。お店の人から「いつも来てくれるからサービス」とのことで。ありがたくいただくと確かに好みの舌触りでした。おお…。 そこのお…

愛しいものが再開すれば、ただひたすら嬉しい。

私、割と人生史上好きなものがたくさんあって羨ましいねといわれる性質で、自分でもそういうとこは本当にラッキーだと自画自賛しているのですが、それ以上に、好きが続くのがすごいよね自分、と思ってます。 基本的には三日坊主上等でふわふわしてるんです。…

つんくさん作詞の「誰もが人生の初心者なんだから」が好き。

朝目覚めたら、枕元に転がったヘッドフォンから懐かしいえりりん(亀井絵里/モーニング娘。)の歌声が漏れ聞こえてきたのです。昨日iTunesのプレイリストを整理してそのまま寝落ちしたっぽい。 今日がこの先の未来より一番若いんだし ぼけらっとした頭の中…

片思いで終わってしまえ。

大学のサークル仲間で集まる機会があって、学生でもないのにカラオケでオールした。どこでもそうだと思うけれど、同じサークルなら恋愛ごとのひとつふたつ当然のようにあって、自分たちもそうだった。何となく郷愁に駆られて、酔った勢いで「そういえばあの…

映画「縫い裁つ人」感想文。

「何か欲しい物ある?」「今日何食べたい?」 そう聞かれる場面は、誕生日であったり、出先のランチであったり。 「何」がいいと聞かれると正直困るんですよね。「どれ」がいいか選択肢で聞いてくれれば答えようもあるのに。だいたい一番望むものを自分でち…

検索流入、或いは漂流するボトルメール。

ひとつ前の記事は、相手を限定的に書いた私信です。池袋リブロで詩の本の店「ぽえむ・ぱろうる」をすると新聞で知ったとき、「こういうの好きなんじゃないかな。」と頭に浮かんだ方がいまして。 でももうご存知な気がするなー、場所遠いかもしれないし。何よ…

池上彰氏の日経新聞連載コラムと、意味づいた記号の話。

ささやかな楽しみの話。 日経新聞で、池上彰氏の連載コラム「大岡山通信 若者たちへ」を毎週楽しみにしているのですー。 このコラムは、池上氏が日ごろ学生たちと共に過ごしている東京工業大学のキャンパス所在地・東京都目黒区大岡山にちなんで、教授生活の…

才能がない、という悪魔の証明。

自分には才能が「ない」? 自分がブログを始める前に休止してしまったブログで、当時とても好きだったブログのことをふと思い出して、読み返したら止まらなかったのです。やっぱり読ませる文章だなー、天賦の才ってあるなーと。そして、落ち込んでいました。…