読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫文具箱

本と文房具を愛でる日々。

My Favorite Things/何でもない日の幸せなこと。

文房具 思考

昨日久しぶりに会った友達が、劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」を見に行ったと話してくれて、それからずっと頭の中で「My Favorite Things(私のお気に入り)」が鳴り止まないので書きます。JR東海のCM「そうだ、京都に行こう」でもバックで流れてますね。

アソート風に、最近のお気に入りを詰め合わせで。

 

そのいち。

本屋をふらふらと彷徨っていたら、レトロな着物姿の女性が表紙のイラスト集が目に留まり、やや高価ながら衝動買いしてしまいました。マツオヒロミ先生の「百貨店ワルツ」。

百貨店ワルツ (リュエルコミックス)

百貨店ワルツ (リュエルコミックス)

 

虚構の20世紀初頭、モダンガールが闊歩する百貨店を舞台にした色鮮やかなイラスト集です。ザ・レトロ!に美しく艶めいたモダンガールが、ちょっと澄まし顔で並んでいます。女学生さんのハイカラな和装姿も微笑ましく、舶来の化粧品に心ときめかす姿には可愛い以外言葉浮かばない。小物や、仮想のポスターとしてかかれた活字もいかにもクラシカルで、買って良かった出会えて良かった。紙で欲しい本てこういうのを言うんだろうなと。

 

そのに。

月曜日、通勤途中でコンビニに立ち寄って、チロルチョコを3つ購入する癖がつきました。といってもここ2ヶ月くらいですけれど。お気に入りはロイズの。デスクに忍ばせて、疲れたときに摘むのでも良いし、何かのタイミングで同僚にお裾分けするのでも良いのですが、3つだけ。

次の週にチロルチョコ3つを買うときに、先週の3つはどうしたっけ?と考えるのが楽しいのです。全部自分で食べるより、誰かにあげてたりすると謎の嬉しさがあります。そして自分のデスクはお裾分けへのお返しで一角が埋まってます。この雑多感とてもいいな。多幸感に似てます。

 

そのさん。

去年からひっそりと5年日記をはじめました。一日分は5行程度なので、割と簡単に空白が埋められます。

ただ先週と先々週は忙しくて、2週間分まるっと日記が空欄になってたので、今日の朝方に手帳とTwitterを参考にしつつ埋めていきました。自分の2週間を振り返るのってなかなか機会がないし、スケジュールと照らし合わせてよくこの予定をこなし切ったなと遠い目をしたりで趣深い。もう日記は一週間ごとに書こうかなと思った次第です。いや書かなくなっちゃうかな。将来のボケ防止に効きそうな気もする。

 

そのよん。

しばらく前に、京都のウサギノネドコというお店に行きました。「自然の造形美を扱うお店」で、植物、鉱物などの世界中から収集された標本を展示販売してます。こちらの、アクリルキューブに植物を閉じこめた「ソラキューブ(sola cube)」が好きなのですよ。じっくりと選び、購入したのが薔薇のアクリルキューブです(そして隣にはプレゼントで頂いた松ぼっくりのも)。

ソラキューブ

これを机に置いて、何も考えずにぼーっと見てると幸せな気持ちになれます。キューブの中は樹脂で時間が止められているのに、その外側は時間が流れていると考えるのが楽しい。その境目ってどこからかなとか。そういえば砂時計の砂がさらさら落ちるのも好きなのでした。

 

そのご。

万年筆にはインクの入れ方がカートリッジ式とコンバーター式の2つあって、インク瓶から直接補充するコンバーター式より、装着するだけのカートリッジ式の方が楽だし汚れません。でも、インクの充填ってちょっと楽しいんですよね。

最近「最高に楽しい文房具の歴史雑学」で、羽ペンから金属製のペンへの移り変わり、常にインク壺をそばに置く生活から、インクを内蔵したペンができるまでの試行錯誤を読んでるのでなおさらです。

最高に楽しい文房具の歴史雑学

最高に楽しい文房具の歴史雑学

 

あと、吸引とお手入れの一連の作業を静かに丁寧にやると不思議と心落ち着くのもいい。これ、抹茶を点ててるときも同じ気分でいるので精神統一ぽい。て、思ってます。

 

そのろく。

この間おもむろに気がついたんですが、セパレート式ダブルリングノートがたまらなく好きです。糸綴りのノートももちろん良いですけれど、見開きではなく片面だけで使うのが自分の性に合っていて、だから裏面は折り返したいのですよ。それには糸綴りのノートや、ふつうのリングノートではちょっと満足できない。ズレちゃいますしね。

しかもダブルリングが上下でセパレートタイプになっているとそれだけで欲しくなります。だってセパレートなら、文字を書くとき手の甲がリングに当たりづらいので紙面いっぱいに文字が書けるじゃないですか。至福。

カクリエ

でも、「おもむろに気がついた」とか書きながら、「Ca.Crea A4 ×1/3」のストックが常時5冊以上積み上がっているのが目の端に映ったので、ふつうに前から好きだったみたいです。いやいや気がつかなかった。カクリエ良いよカクリエ。

 

そのなな。

先週仕事がバタバタとしていて(上司曰く3ヶ月分の仕事が2週間でやってきた)、心の余裕もなかったんですが、仕事の合間や考え事するタイミングで、SyuRoの木製ブックマークを左手でぱちぱちといじってました。

Syuroのブックマーク

会議で渡されるダブルクリップの資料をこのブックマークで留めなおすとなんだか一周の愉悦。忙しい仕事の合間の珈琲並みに心の癒し。触り心地がとても素晴らしいのですよ。ヒヤリとせず、常温が手の中にあるのは心地良い。

一度デスクで資料を広げすぎてどこにやったか行方不明になった時は本気で落ち込んでデスクの整理したり。整理整頓はこまめに、です。

 

なんとなくここ2週間ほどちょっと不幸な気分でいたんですけれど、書き出してみればちょこちょこ幸せなものたちに囲まれていて、不運ではあっても不幸ではなかったな、とかそんなアソート風味です。

 

関連記事