読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青猫文具箱

本と文房具を愛でる日々。

新聞・雑誌のスクラップに便利な文房具について本気出して考えてみた。

文房具

新大学生・社会人につきものといえば新聞です。

ひとり暮らしの引っ越し初日にやってくるのは新聞の人と相場が決まってます。半分押し切られるように契約した方もいるのではないでしょーか。就活に向けて日経くらい読んでおかねば!と新聞を取りはじめた大学生もいそうです。あと大学受験対策に新聞のコラム&社説を読み慣れておきたい高校生とか。

せっかく読むのだし、気になる記事があれば、新聞や雑誌をスクラップ(記事の切り抜き)して、手帳にでも挟んで思索&話題のきっかけにしたいものですね。書評や芸術論の記事は、スクラップしたものを持って図書館や美術館に行ったりすると楽しいし。

そんなわけでやります、新聞・雑誌のスクラップに便利な文房具。「切る・撮る・裂く」の三段活用でお送りします。なんとなくBGMはポルノグラフティの「幸せについて本気出して考えてみた」で。

 

切る

まずはスクラップの定番。カッターでザクっと切るか、ハサミでジョキジョキ切るか。

カッターはまっすぐ必要な部分だけ切れますがカッター板と定規が必要、ハサミはハサミ単体で完結するんですが切り口がまっすぐにはならない。一長一短ですね。

ハサミ派の自分的にいわせてもらえば、カッターの、カッター板と定規を用意するのは面倒だと思うのですよ。スクラップって旬の時期が過ぎると読み返さなくなるし、だからあんまり手間かけたくないかなって。そんな自分がいつでもスクラップできるよう常備しているハサミは、以前↓の記事で紹介しましたサンスター文具の「スティッキールはさみ」です。

お気に入り文房具の中から便利でオシャレなオススメ10点を紹介してみる。

サンスター文具 スティッキールはさみ BK S3712435

サンスター文具 スティッキールはさみ BK S3712435

 

ペンケースの中にペンと一緒に入れておけるのがやはり便利。あまりにも自然すぎて、飛行機の持ち物検査に引っ掛かるまでハサミを持ってるのを忘れるくらいのコンパクト感です。

サンスター文具 スティッキールはさみ

でもハサミだとどうしても切り口ガタガタになっちゃうので、切り口まっすぐ鮮やかなカッターを選ぶ方もいますね。

最近はいろいろ便利なカッターが出ていまして、その中でも新聞や雑誌のスクラップ向きのカッターといえば「一枚切りカッター」かと思います。じゃーん。

ミドリ 一枚切りカッターII

見た目めがっさスタイリッシュ、その名も「ミドリ 一枚切りカッター」。ハサミ派とかいいながらカッター買ってんじゃん、て言わないで。文具はなんでも試したい派です。

ミドリ 一枚切りカッターII 黒

ミドリ 一枚切りカッターII 黒

 

カッター部分が固定されておらずクルクルと回るので、自分、使いこなすまで2日かかりました。買っていきなり上手く使えるわけじゃないので、少し人を選ぶかな。

コツは、あまり力を入れすぎずに定規をそっと当てることです。使い慣れると上手い具合に一枚切りして下の紙まで切らずにすむので、カッター板不要。慣れてくると、ラベルシールを好きな形に加工してシール台から剥がして、までがこれひとつでできるようになります。

クルクル回らないのを望むなら「OLFA 一枚切カッター キリヌーク」でも良いかもー。使ったことないけれど、そこそこ評価良さげです。

OLFA 一枚切カッター キリヌーク 209B

OLFA 一枚切カッター キリヌーク 209B

 

一枚切りカッターは、刃を紙の上から引いて切る形ですが、刃を押して切るカッターもあります。「3M スコッチ 安全設計ペーパーカッター」や「ミドリ ペーパー&レターカッター」などなど。刃を押して切る分、カッター板が不要なのは便利、かもー。

3M スコッチ 安全設計ペーパーカッター 14-TB

3M スコッチ 安全設計ペーパーカッター 14-TB

 

見た目ユニークで「長谷川刃物 HARAC マウス型カッター Line D-LINE-G」もちょっと気になってます。曲線切るなら楽しいかもですね。

長谷川刃物 HARAC マウス型カッター Line D-LINE-G グリーン

長谷川刃物 HARAC マウス型カッター Line D-LINE-G グリーン

 

でも多分、刃を押して切るタイプって、今どこを切っているか手元が正確にわからないのと、まっすぐ切るための定規が当てられないので、スクラップには向かないかなぁとも思うのです。ざっくり切るだけならいいかもですが、繊細な作業には向かない。

 

撮る

もはや資料はデジタルで保管される世の中ですし、スクラップも電子化したっていいじゃない?というわけでお次は「撮る」です。

smareco PEN

こんな感じに、ペンで囲んで専用アプリで撮るといい感じに整形してくれてスクラップが保存しやすくなる、なんてのも一時流行りました。 

ナカバヤシ スマレコペン SRS-P101-B

ナカバヤシ スマレコペン SRS-P101-B

 

ペンで囲った部分のみ、画像データ化してくれるので、データ容量を節約できます。写真は「smareco PEN」ですが、ぺんてるも「アンキスナップ スクラップ用マーカー」なんてのを出してます。

ぺんてる アンキスナップ スクラップ用マーカー SMS1-S
 

ただこれ、写真の角度に気をつければ、ペンで囲む必要ないんじゃ...?と思ったこともあったりするので、普通に写メるだけでいいのかも。最近の携帯カメラやアプリってどこも高性能ですしね。

アンキスナップは去年スマステでも紹介されてました(という謳い文句を文具店で見かけた)のでスマステつながり、スタンドスキャナ「デスクショット」も気になる今日この頃。ただ、1万越えの文具に手を出すかといえば、...うーむ。

KING JIM スタンドスキャナ「デスクショット」 ホワイト DK800シロ

KING JIM スタンドスキャナ「デスクショット」 ホワイト DK800シロ

 

電子保存すると「皆で回し読みする」がしづらいし、PC画面で新聞や雑誌の切り抜き見るとレイアウト的に読みづらいのもあるので、万人に向く方法ではないのも確か。著作権的にも管理が微妙ですし。

だったら、新聞の電子版サービス購読して、公式の提供するスクラップサービス使う方が圧倒的に便利だったりも。

 

裂く

切る、撮る、ときました。ラストに持ってくるぐらいなので、こちら大本命です「裂く」。

正直言っていいですか?この記事実はこれを紹介するためだけの記事です。そんなわけで自分にこの春プチ革命をもたらしました、「クツワ HiLiNE アルミ定規」。定規を切りたい直線に当てて、紙を手前に勢いよく引くだけです。

クツワ HiLiNE アルミ定規

用紙やページをカッターなしでもきれいにスパッ!と切り取れる、切れ味が落ちにくい丈夫なアルミ素材。上の写真の紙の切り口みてください、存外まっすぐ綺麗じゃないですか。

カッターで切りました的な鋭利な切り口にはならないけれど、十分まっすぐな切り口。紙を裂いた感は当然残りますが、紙で指を切ったりしないので、むしろメリット、かもー。 

クツワ HiLiNE アルミ定規 XS15BK 15cm ブラック

クツワ HiLiNE アルミ定規 XS15BK 15cm ブラック

 

カッターのように定規を添えて下にカッター板をひく必要もなく、ハサミで切るよりまっすぐ切れる、そんなわけでずぼらでわがままな自分の最近一番のお気に入り。コツは割くために引っ張る紙の方を45度の角度を保って勢いよく引っ張ることです。

 

スクラップといえば「切る」か「撮る」かしか選択肢が浮かばなかった自分にとって、第三の選択肢、しかもアナログかつ原始的な「裂く」が今頃自分の人生に登場するなんて。

これからいつか誰かが発明するものだって、必ずしもデジタルとは限らないんですよね。むしろ長い時間残るためには、アンプラグドである必要がある、かもーと思った2015年春のこと。

 

関連記事